いしかわ統計指標ランド
トップ > 人口・世帯 > 人口 > 石川県の人口と世帯(年) > 「石川県の人口動態」(平成18年)

■ 「石川県の人口動態」(平成18年)

統計基本情報

分類 人口・世帯-人口-石川県の人口と世帯(年)-2006年[平成18年]
名称 石川県の人口動態
作成部局名 県民文化スポーツ部 県民交流課統計情報室 人口労働グループ
概要 石川県人口移動統計調査により月々の出生、死亡、転入及び転出を加減して推計算出したものを、1年間まとめたものです。
主な表章事項 人口動態、年齢別人口、地域別人口
作成周期
問い合わせ先 県民文化スポーツ部 県民交流課統計情報室 人口労働グループ
石川県金沢市鞍月1-1
TEL:076-225-1344 FAX:076-225-1345
toukei@pref.ishikawa.lg.jp
備考  
詳細データの有無 [詳細データあり] [ダウンロードあり]

詳細データ

ページトップ

「石川県の人口動態」(平成18年)

平成19年 3月28日
県民文化スポーツ部 県民交流課統計情報室 人口労働グループ

1 人口総数
総人口 1,171,791人(平成18年10月1日現在推計)
・推計人口は、1,171,791人(男 565,866人 女 605,925人)
・前年比 2,235人(0.19%)の減少となった。


人口の推移(大正9年〜平成18年)
人口の推移(大正9年〜平成18年)
クリックすると拡大します

2 人口増減の要因
自然増減数 △264人 社会増減数 △1,971人
・出生者数10,194人に対し死亡者数は10,458人、差引264人の自然減少となった。
・県外からの転入者23,019人に対し、県外への転出者は24,990人、差引1,971人の社会減少となった。


3 年齢別人口
年少人口及び生産年齢人口割合の縮小、老年人口割合の拡大が続く。
・年齢3区分別人口は、年少人口(0〜14歳)が164,729人(14.1%)、生産年齢人口(15〜64歳)が753,904人(64.3%)、老年人口(65歳以上)が252,303人(21.5%)となっている。
・前年と比較すると、年少人口が1,446人減少(0.1ポイント低下)、生産年齢人口が7,353人減少(0.5ポイント低下)、老年人口が6,564人増加(0.6ポイント上昇)している。

○年齢3区分別人口割合・指数(平成18年10月1日現在)     単位:人、%
区分 総人口 年齢3区分別人口 年齢構造指数
年少人口
(0〜14歳)
生産年齢人口
(15〜64歳)
老年人口
(65歳以上)
年少
人口
老年
人口
従属
人口
老年化
実数 構成比 実数 構成比 実数 構成比
石川県 1,171,791 164,729 14.1 753,904 64.3 252,303 21.5 21.9 33.5 55.3 153.2
南加賀 237,068 35,325 14.9 149,971 63.3 51,586 21.8 23.6 34.4 58.0 146.0
石川中央 710,692 102,952 14.5 476,305 67.0 130,773 18.4 21.6 27.5 49.1 127.0
羽咋郡市 62,646 7,849 12.5 36,640 58.5 18,157 29.0 21.4 49.6 71.0 231.3
七尾鹿島 79,817 10,266 12.9 47,644 59.7 21,900 27.4 21.5 46.0 67.5 213.3
奥能登 81,568 8,337 10.2 43,344 53.1 29,887 36.6 19.2 69.0 88.2 358.5
全国(万人) 12,775 1,741 13.6 8,391 65.7 2,643 20.7 20.7 31.5 52.2 151.8
注1:全国数値には、総務省統計局人口推計月報(概算値)より算出。
 2:総数には、年齢不詳を含む。

○用語の説明
 年少人口指数=年少人口/生産年齢人口×100
 老年人口指数=老年人口/生産年齢人口×100
 従属人口指数=(年少人口+老年人口)/生産年齢人口×100
 老年化指数=老年人口/年少人口×100


年齢3区分別人口の推移(大正9年〜平成18年)
年齢3区分別人口の推移(大正9年〜平成18年)
クリックすると拡大します

年齢構造指数の推移

4 出生及び死亡の状況
金沢市近郊で自然増加、能登地域で自然減少
・自然増加となったのは、金沢市(820人)、野々市町(363人)、白山市(195人)等8市町であった。
・自然減少となったのは、輪島市(△340人)、七尾市(△325人)、加賀市(△265人)等11市町であった。

○出生・死亡・自然増減率の順位
順位 自然増減率 出生率 死亡率
市町名 率(%) 実数(人) 市町名
(%)
実数(人) 市町名
(%)
実数(人)
野々市町 0.76 363 川北町 1.27 72 能登町 1.64 358
川北町 0.46 26 野々市町 1.25 599 輪島市 1.56 512
能美市 0.28 132 能美市 1.03 488 志賀町 1.55 369
内灘町 0.19 50 小松市 0.96 1,047 穴水町 1.48 156
金沢市 0.18 820 白山市 0.95 1,038 珠洲市 1.46 264
注:平成17年10月から平成18年9月までの1年間の計である。
  


5 移動者の状況
・本県における1年間(平成17年10月〜平成18年9月)の移動者数は、県内移動者18,184人、県外からの転入者23,019人、県外への転出者24,990人、合計66,193人であり、前年に比べ、533人減少した。
・県外移動者については、隣県及び大都市圏との移動が多かった。転入超過となったのは、19県で、静岡県(69人)、長野県(64人)、群馬県(48人)等であった。転出超過となったのは、27都道府県で、東京都(909人)、愛知県(579人)、神奈川県(471人)等となっている。

○転入出者の多い都道府県                                                                                             
順位 転入者数 転出者数 転入超過 転出超過
都道府県名 都道府県
都道府県
都道府県
富山県  2,512 東京都 2,817 静岡県 69 東京都 909
東京都 1,908 富山県 2,469 長野県 64 愛知県 579
愛知県 1,884 愛知県 2,463 群馬県 48 神奈川県 471
大阪府 1,458 大阪府 1,738 奈良県 47 大阪府 280
福井県 1,296 神奈川県 1,389 冨山県 43 千葉県 194
注:平成17年10月から平成18年9月までの1年間の移動である。


他都道府県との移動状況
他都道府県との移動状況
クリックすると拡大します

ダウンロード

ページトップ

石川県の人口動態(全ページ)h18ishikawakennnojinnkoudoutaii.pdf[8960KB]
市町別推計人口・世帯数(平成18年10月1日現在)suikeijinnkouh18.xls[30KB]
市町別推計人口・世帯数(平成18年10月1日現在)suikeijinnkouh18.pdf[65KB]
1年間の人口動態(市町別)(平成17年10月1日〜平成18年9月30日)jinnkoudoutaih18.xls[30KB]
1年間の人口動態(市町別)(平成17年10月1日〜平成18年9月30日)jinnkoudoutaih18.pdf[58KB]
年齢(各歳)別、男女別人口(石川県計)nennreih18ken.xls[22KB]
年齢(各歳)別、男女別人口(石川県計)nennreih18ken.pdf[40KB]
年齢(各歳)別、男女別人口(市町別)nennreih18shimachi.xls[334KB]
年齢(各歳)別、男女別人口(市町別)nennreih18shimachi.pdf[201KB]

アンケートにご協力ください

ページトップ

この統計情報はすぐに見つけることができましたか? 
どちらからアクセスしていますか? 
どのような目的で使用されますか? 

分野で探す 年次で探す 所轄部署で探す 50音で探す 統計用語集 統計ライブラリー リンク集 サイトマップ トップページ いしかわネットでアンケート