いしかわ統計指標ランド
トップ > 人口・世帯 > 人口 > 石川県の年齢別推計人口 > 石川県の年齢別推計人口〜平成19年10月1日現在推計〜

■ 石川県の年齢別推計人口〜平成19年10月1日現在推計〜

統計基本情報

分類 人口・世帯-人口-石川県の年齢別推計人口-2007年[平成19年]
名称 人口・世帯-人口-石川県の年齢別推計人口
作成部局名 県民文化スポーツ部 県民交流課統計情報室 人口労働グループ
概要 この推計は、直近の国勢調査による人口及び世帯数を基に、その後の石川県人口移動統計調査による月々の出生、死亡、転入及び転出を加減して推計算出しています。
主な表章事項 市町別人口、年齢別人口、年少人口、生産年齢人口、老年人口
作成周期
問い合わせ先 県民文化スポーツ部 県民交流課統計情報室 人口労働グループ
石川県金沢市鞍月1-1
TEL:076-225-1344 FAX:076-225-1345
toukei@pref.ishikawa.lg.jp
備考  
詳細データの有無 [詳細データあり] [ダウンロードあり]

詳細データ

ページトップ

石川県の年齢別推計人口〜平成19年10月1日現在推計〜

平成20年 1月18日
県民文化スポーツ部 県民交流課統計情報室 人口労働グループ

(1)年齢(5歳階級別人口)
○最も多いのは55〜59歳の98,053人

 5歳階級別では、55〜59歳が98,053人で最も多くなっており、男女別でも同様である。次いで多かったのは、30〜34歳の84,570人、その次が35〜39歳の81,455人となっている。

(2)年齢(3区分)別人口
○年少人口及び生産年齢人口の減少、老年人口の増加
 
 年齢3区分別人口では、年少人口(0〜14歳) 163,642人 構成比14.0% 生産年齢人口(15〜64歳)745,600人 構成比63.7%
老年人口(65歳以上)260,317人 構成比 22.2% となっている。
 前年(平成18年10月1日現在)に比べて、年少人口が1,087人の減少(0.1ポイントの低下)生産年齢人口が8,304人の減少(0.6ポイントの低下)老年人口が8,014人の増加(0.7ポイントの上昇)となっている。
 市町別にみると、年少人口では川北町の20.0%、生産年齢人口では、野々市町の71.5%、老年人口では珠洲市の39.5%が最も高い割合になっている。

(3)10年間(平成9年・19年)の変化
○続く少子高齢化、減少する生産年齢人口
 
 年少人口割合は、この10年間で平成9年の15.5%から平成19年の14.0%へと1.5ポイント縮小している。市町別でみると最も縮小幅が大きかったのは能登町の4.3ポイントであった。
 生産年齢人口割合も、67.3%から63.7%と3.6ポイント縮小している。最も縮小幅が大きかったのは、珠洲市の6.7ポイントであった。 老年人口割合は、この10年間で平成9年の17.2%から平成19年の22.2%へと5.0ポイント拡大している。この傾向は川北町以外のすべての市町においてみられるもので、中でも拡大幅が最も大きかったのは、能登町の9.9ポイントであった。

(4)人口動態
○自然動態 △237人 社会動態 △1,140人 人口増減数 △1,377人
 
 平成18年10月1日から平成19年9月30日の1年間で、自然動態は出生者数 10,278人 死亡者数 10,515人で237人の減少だった。社会動態は県外からの転入者 22,866人 県外への転出者 24,006人で1,140人の減少だった。

ダウンロード

ページトップ

石川県の年齢別人口〜平成19年10月1日現在〜h19nennreigaiyou.pdf[1743KB]
年齢(各歳)別、男女別推計人口(県)(平成19年10月1日現在)h19kenn.xls[23KB]
年齢(各歳)別、男女別推計人口(各市町)(平成19年10月1日現在)h19shichou.xls[338KB]
市町別年齢3区分別人口・割合・指数(平成19年10月1日現在)h19nennrei3kubun.xls[24KB]
市町別推計人口・世帯数(平成19年10月1日現在)h19jinnkou.xls[28KB]
1年間の人口動態(平成18年10月1日から平成19年9月30日まで)h19jinnkoudoutai.xls[30KB]

アンケートにご協力ください

ページトップ

この統計情報はすぐに見つけることができましたか? 
どちらからアクセスしていますか? 
どのような目的で使用されますか? 

分野で探す 年次で探す 所轄部署で探す 50音で探す 統計用語集 統計ライブラリー リンク集 サイトマップ トップページ いしかわネットでアンケート