いしかわ統計指標ランド
トップ > 人口・世帯 > 人口 > 石川県の人口と世帯(年) > 「石川県の人口と世帯」(平成22年)

■ 「石川県の人口と世帯」(平成22年)

統計基本情報

分類 人口・世帯-人口-石川県の人口と世帯(年)-2010年[平成22年]
名称 石川県の人口と世帯(年)
作成部局名 県民文化スポーツ部 県民交流課統計情報室 人口労働グループ
概要 直近の国勢調査結果を基に、石川県人口移動統計調査により月々の出生、死亡、転入及び転出を加減して推計算出したものを、1年間まとめたものです。
主な表章事項 人口動態、年齢別人口、地域別人口
作成周期
問い合わせ先 県民文化スポーツ部 県民交流課統計情報室 人口労働グループ
石川県金沢市鞍月1-1
TEL:076-225-1344 FAX:076-225-1345
toukei@pref.ishikawa.lg.jp
備考  
詳細データの有無 [詳細データあり] [ダウンロードあり]

詳細データ

ページトップ

「石川県の人口と世帯」(平成22年)

平成23年 3月30日
県民文化スポーツ部 県民交流課統計情報室 人口労働グループ

1 人口総数
総人口 1,164,447人(平成22年10月1日現在推計)
・推計人口は、1,164,447人(男 561,896人 女 602,551人)
・前年比 2,209人(0.19%)の減少となった。

2 人口増減の要因
自然増減数 △1,748人 社会増減数 △461人
・出生者数9,724人に対し死亡者数は11,472人、差引1,748人の自然減少となった。
・県外からの転入者21,329人に対し、県外への転出者は21,790人、差引461人の社会減少となった。

3 年齢別人口
年少人口及び生産年齢人口の減少、老年人口の増加が続く。
・年齢3区分別人口は、年少人口(0〜14歳)が160,084人(13.7%)、生産年齢人口(15〜64歳)が727,383人(62.5%)、老年人口(65歳以上)が276,124人(23.7%)となっている。
・前年と比較すると、年少人口が1,554人減少(0.2ポイント低下)、生産年齢人口が3,207人減少(0.1ポイント低下)、老年人口が2,551人増加(0.3ポイント上昇)している。

4 出生及び死亡の状況
金沢市近郊で自然増加、能登地域で自然減少
・自然増加となったのは、金沢市(398人)、野々市町(337人)、津幡町(52人)等であった。
・自然減少となったのは、輪島市(△389人)、加賀市(△370人)、七尾市(△347人)等であった。

5 移動者の状況
・本県における1年間(平成21年10月〜平成22年9月)の移動者数は、県内移動者16,135人、県外からの転入者21,329人、県外への転出者21,790人、合計59,254人であった。

・県外移動者については、隣県及び大都市圏との移動が多かった。転入超過となったのは、22道県で、福井県(360人)、富山県(302人)、兵庫県(247人)等であった。転出超過となったのは、23都府県で、東京都(666人)、神奈川県(352人)、愛知県(220人)等となった。また、超過なしが1県であった。

ダウンロード

ページトップ

石川県の人口と世帯(全ページ)h22ishikawakennojinkoutosetai.pdf[6003KB]
市町別推計人口・世帯数(平成22年10月1日現在)dai1.xls[32KB]
1年間の人口動態(平成21年10月1日〜平成22年9月30日)dai2.xls[36KB]
各月別人口動態(平成21年10月〜平成22年9月)dai3hyoukaradai14hyou.pdf[2077KB]
年齢(各歳別)、男女別人口(平成22年10月1日現在推計)dai17hyoukenn.xls[26KB]
年齢(各歳別)、男女別人口(平成22年10月1日現在推計)(市町別)dai17hyoushichou.xls[310KB]
各市町相互間における県内移動者数(平成21年10月1日〜平成22年9月30日)dai18hyou.pdf[850KB]
各都道府県別各月別移動者数(平成21年10月1日〜平成22年9月30日)dai19hyou.pdf[210KB]

アンケートにご協力ください

ページトップ

この統計情報はすぐに見つけることができましたか? 
どちらからアクセスしていますか? 
どのような目的で使用されますか? 

分野で探す 年次で探す 所轄部署で探す 50音で探す 統計用語集 統計ライブラリー リンク集 サイトマップ トップページ いしかわネットでアンケート